• おススメ
  • ノンカフェインのドリンク一覧からのおススメをピックアップしています。
  • HOME
  • ブログ
  • おススメ
  • ノンカフェインについて徹底解説!おススメの飲み物やギフト、人気ランキングも紹介!
カフェインについての徹底解説

ノンカフェインについて徹底解説!おススメの飲み物やギフト、人気ランキングも紹介!

お茶、コーヒー、紅茶など世の中にたくさん飲むものはあるし、とても美味しく感じる方も多いと思います。

しかし、その中で気になるのは「カフェイン」が含まれているということ。

特に女性で妊娠中、妊活中、授乳中や、小さなお子さんが飲む場合はとくに気になることで、市販されているお茶、コーヒー、紅茶などはどれだけカフェインがあるかなどが頭をよぎってなかなか買えない、飲むことに躊躇することはないでしょうか。

 

カフェインが入っていない、もしくは少ないものを探すのも簡単ではないと思います。

そこで、今回市販で手に入るものから、ネット・通販で手に入るもの、更にはギフトやプレゼントに喜ばれる「カフェインが入っていない、あっても非常に少ない」というおススメの飲み物を紹介してみようと思います。

 

ノンカフェインとは?カフェインレスやデカフェとの違いは?

カフェインが入っていない飲み物を探そうとすると、ひとつのことに気が付くと思います。

それは、カフェインが入っていないことを指す言葉に「ノンカフェイン」「カフェインレス」「デカフェ」と複数あるということです。

ネットなどでも様々な言葉が錯綜していて、どれがカフェインの入っていないという意味なのかがはっきり分からないですよね。

ここでは、ノンカフェイン、カフェインレス、デカフェそれぞれの意味を解説していきます。カフェインの含有量の違いで言葉が分かれるのですが、これの意味が分かればどんな飲み物を選べばいいかの参考になるかと思います。

 

ノンカフェイン

ノンカフェインは「カフェインを一切含まない、カフェイン含有量0%」という意味を持っています。

初めからカフェインを含んでいない飲み物

 ・ハーブティー

 ・ルイボスティー

そして、コーヒーでノンカフェインと言えば

 ・たんぽぽコーヒー

などがよく挙げられます。

 

カフェインは一切摂りたくない、カフェインによる健康の影響が気になる場合は「ノンカフェイン」の表記がある飲み物を選ぶとよいでしょう。

 

カフェインレス

カフェインレスは「カフェインの含有量が少ない」「カフェインの成分を90%以上取り除いている」という意味で使われています。後者は日本国内でカフェインレスの表示をする決まりとなっていて、デカフェと同様の意味も含まれています。稀にカフェインフリーという表現もありますが、あまり見かけないと思います。

 

カフェインレスは言葉通り、カフェインを90%以上取り除いているという意味であり、まったく含まれていないノンカフェインとは違うので、この時点で注意が必要になります。

 

カフェインを90%以上取り除いた商品はスティック状やボトルに入っているインスタントコーヒーやドリップのコーヒー豆によく見られます。

 

デカフェ

デカフェとは英語で「decaffeinated」から付けられた名前で「decaf」と略されていることで、デカフェ・ディカフェと呼ばれています。

カフェインレス同様「カフェインを取り除いたもの」や「従来はカフェインを添加するが、これをしないもの」という意味でデカフェが使われています。

最近ではスターバックスコーヒーなどの店舗でもデカフェという名前を聞くようになりました。

 

ヨーロッパではデカフェについての規定が

カフェインの含有率がコーヒー豆の0.2%以下」「インスタントコーヒーは0.3%以下

とされています。

 

まとめると・・・

  • ノンカフェインは一切カフェインが含まれていない。
  • カフェインレス、デカフェはカフェインが90%以上取り除かれている。
  • カフェインレスとデカフェは意味が似ているが、厳密には「カフェインを取り除いたもの」と「もともとカフェイン含有量が少ないもの」の違いがある。
  • 稀にカフェインフリーの表現を見かけるが、カフェインレス・デカフェと同様と見做してよい。

となっています。

これによってノンカフェイン、カフェインレス、デカフェの違いがはっきりしたと思います。

 

お店で買えるノンカフェインのドリンクランキング!

カフェインについての徹底解説

コンビニやスーパーなど、市販で買うことの出来るノンカフェインのドリンクをランキング形式で見ていきましょう。

 

1位:アサヒ飲料 十六茶 糖と脂肪にはたらく

 

2位:キリン 生茶 カフェインゼロ

 

3位:アサヒ ルイボスティー ラベルレス

 

4位:キリン 午後の紅茶 カフェインゼロ ピーチティー

 

5位:伊藤園 健康ミネラルむぎ茶

 

ジャンル別!ノンカフェインのドリンクランキング!

 

ノンカフェインの飲み物でも、様々なジャンルがあり、個人個人で好みが分かれると思います。

こちらでは、お茶やコーヒーなど、ジャンル別でまとめています。

植物茶

一般的に「お茶」と呼ばれる種類。植物の葉などを乾燥させてお湯で成分を抽出した飲み物の総称とされています。

葉ではなくとも大麦を焙煎して作る麦茶や葉以外を使う薬草茶でもお茶として一般的に流通しています。

たんぽぽを使った「たんぽぽコーヒー」なども植物茶として通販のジャンルとして入ることがあります。

 

1位:選べるルイボスティーシリーズ

 

2位:たんぽぽコーヒー

 

3位:青森県産 だったんそば茶

 

紅茶

紅茶と言えば、ストレートティー、レモンティー、ミルクティーなど、市販でも一般的に入手できる飲み物です。市販ではカフェインが入っているものが多く見られますが、通販で「ノンカフェイン 紅茶」の検索でカフェインが入っていない紅茶を選ぶことが出来ます。

紅茶はコーヒーよりもカフェインが入っていないイメージもありますが、種類によっては含有量が多いものがあるので、ノンカフェインの紅茶を入手したい時はしっかりチェックをするとよいでしょう。

 

1位:森から届くフレーバーティー4品選べるティーバッグ

 

2位:紅茶の国のアリス バラエティギフトセット

 

3位:ノンカフェイン 紅茶ギフトセット

 

ハーブティー

ハーブティーは、ハーブを摘んで乾燥させたものを煮だした飲み物。使われるハーブも種類が多く、ローズヒップ、ペパーミント、カモミールやラベンダーなどが多いですね。

通販ではルイボスティーがハーブティーのジャンルでランキングの上位に入っていますが、上述の植物茶のジャンルとしてもランクに入るほどの人気の品種です。

 

1位:ミルクアップブレンド(30包)

 

2位:グリーンルイボス ルイボスティーオーガニック

 

3位:ピーチルイボスティー

 

カフェインレス・デカフェコーヒー

コーヒーのジャンルとしては、ノンカフェインはほとんど該当せず、カフェインを90%以上除去しているカフェインレス・デカフェコーヒーの種類が多いです。

寝る時間帯の前にコーヒーを飲みたい方も多いと思いますが、カフェインがほとんど入っていないのであれば安心して飲むことが出来ますね。

 

1位:ネスプレッソ デカフェコーヒーセット3種(50カプセル)

 

2位:カフェインレスコーヒー インスタント

 

3位:カフェインレスアイスコーヒー

同率3位:デカフェ コロンビア&メキシコ

 

ギフトやプレゼントに最適!通販で買えるノンカフェインのドリンク。

カフェインについての徹底解説

ノンカフェインやカフェインレスなどの飲み物は、自分自身だけではなく、友人や家族など、大切な人に向けてのギフトやプレゼントにも最適ですね!

ここではランク形式ではなく、おススメ5選を紹介してみたいと思います。


  • 極・馨 Gokkoh

極・馨 Gokkoh

妊娠・授乳中のママに安心して美味しいデカフェを飲んでもらいたい。

カフェイン除去率99.9%以上

デカフェとフレーバーコーヒーが数種類あって、好きな商品を選べる。

 


  • risou no coffee

risou no coffee

毎日の食事に加えるだけ!脂肪を減らすコーヒー【機能性表示食品りそうのコーヒー】

日本初の機能性を取得したコーヒー。置き換えではなく無理な食事制限をせずにダイエットサポート。

一杯66円、定期縛り無し。

粉末状で普段のコーヒーに入れるタイプなので、ノンカフェインにも使えそう。

 


  • エクサライフコーヒーW

リンク準備中

食生活が気になる人向け。540円でお試しが出来る。

食事の脂肪の吸収、糖の吸収を抑える。

 


  • エルバランシアの最高品質オーガニック【ルイボスティー】

ルイボスティー

エルバランシアの最高品質オーガニック【ルイボスティー】

活性酸素の働きを抑制する抗酸化酸素(SOD)、豊富なミネラルとフラボノイド含有。

カフェインゼロ、完全オーガニックで飲みやすい。

30日間返品保証、継続縛り無し。

 


  • NatuRise スピカフェ

NatuRise スピカフェ

ノンカフェイン・ノンシュガー。カロリー1杯あたり18.6kcal。保存料・香料不使用。

眠りと美を整える新カフェ習慣。

精神的ストレスの緩和、睡眠の質の向上、肌の健康を助ける。

 

妊娠・妊活でノンカフェインは身体や健康に影響が出る?

ここで気になるのが、「妊娠・妊活でノンカフェインは身体や健康に影響が出る?」という話で、逆を言えば「妊娠・妊活でカフェインを摂ってしまうとどうなるのか?」ということにも言及してみようと思います。

 

妊娠中にコーヒーのようなカフェインが入っているというイメージが強い飲み物はご法度と思われます。

妊婦がカフェインを多量に摂取すると胎児に悪影響が及ぶとされ、死産、流産、低出生体重のリスクが伴う危険性があると言われています。

 

妊娠中ではカフェインを含有する飲み物は避けるべきだと思われますが、少量の摂取であれば、上述のリスクはそれほど多くないと考えられています。

WHO(世界保健機構)によると、妊婦の1日に摂取してもよいとされるのは妊娠中・授乳中ともにコーヒー3杯〜4杯程度とされています。意外に多いという印象ですが、カフェインの代謝、肝臓や腎臓の状態によっても違いがあるとされるので、出来るだけ摂らないようにするとよいでしょう。

 

妊娠中・妊活中のおけるカフェインの過剰摂取で

・不眠

・利尿作用

・気持ちの不安

・高血圧、頭痛

・胃痛、嘔吐、下痢

 

カフェイン過剰摂取の胎児への影響として

・低酸素状態

・低体重

・母乳にカフェインが含まれてしまうことによって睡眠に悪影響

・死産や流産

 

と、かなり危険な要素も含まれているので、出来るだけ摂ることは避けることが重要です。

 

まとめると

・妊娠、妊活の際はカフェインはご法度というイメージがある。

・WHO(世界保健機構)によるカフェイン摂取は1日にコーヒー3〜4杯程度。

・カフェインの過剰摂取は母体、胎児にも悪影響が出る。

 

となります。

出来るだけノンカフェイン、そしてカフェインレスやデカフェの表記がある飲み物を選んでいきたいところですね。

 

まとめ

今回は、市販や通販で買える、そしてギフトやプレゼントにも最適なノンカフェインの飲み物のおススメやランキングを紹介しました。

妊婦さんはもちろん、普段健康に気を遣っている方も気になっているノンカフェイン。カフェインレスやデカフェの違いもはっきりしたのではないでしょうか。

 

カフェインが入っている飲み物を過剰に摂取せず、ノンカフェインにも美味しい飲み物はたくさんあります。身体の健康への影響を考え、うまく摂り入れるようにしたいところですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

TOPに戻る

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。